toplogo.jpg

Blogブログ

blog

2014/06/01

臨時総会により出資金、賦課金の減額を決議しました。

コワーキング協同組合の伊藤です。
去る5月30日に、臨時総会により、「出資1口の金額」と「賦課金」の金額を減額することを決議しました。
簡単に言いますと、加入する際の出資金と、毎月の会費がぐんと安くなるということです。
議案の内容は以下のとおりで、この原案どおり可決されました。
 
<第1号議案> 定款第21条「出資1口の金額」(※1)の変更について
 
現行の出資金を以下の内容に変更する。
 
現状:1口10,000円 3口以上(30,000円以上)
改訂後:1口1,000円 3口以上(3,000円以上)
 
※1 コワーキング協同組合は、事業者が合同で活動する事業協同組合ですので、各自が出資をして加入します。この出資金は、退会時には返金されます。
 
<第2号議案> 賦課金の月額金額の変更について
 
現行の賦課金(会費)の金額を以下の内容に変更する。
 
現状:月額 3,000円(12ヶ月分で36,000円)
改訂後:月額 500円(12ヶ月分で6,000円)
 
2012年8月の組合設立以来、当組合の活動には個人事業者ならびにスモールカンパニーの方々から多くの関心、共感を得られるようになってきております。

ただし、当組合の事業目的としております「共同受託」「教育研修」「起業支援」「コワーキングスペース開業支援」「総合補償制度」を充実させるには、もっと組織としてのボリュームが必要です。

そこで、平成26年度(6月1日スタート)より、かねて組合に関心を寄せる方々から要望が多かった、出資金の一口あたりの金額を下げることで新規の組合員の加入を促進し、さらに、賦課金の月額を下げて組合員の経済的負担を軽くすることで、継続的に組合員の増強・維持を図り、組合に打診のある事業案件に柔軟に対応できる陣容を固め、もって組合全体としてエンパワーする、というのが今回の総会決議の趣旨です。

この趣旨に賛同する組合員の満場の一致をもって可決されました。組合員の皆様、誠に有難うございました。
 
なお、第1号議案の「出資1口の金額」の変更につきましては、官報に1ヶ月間公示した後、近畿経済産業局に定款変更の認可申請を行い、認可された後に変更登記を行ってはじめて効力を発します。従いまして、平成26年度より適用する新しい出資金額ではありますが、現時点では、7月下旬に有効となる見込みです。
 
ですので、新規に組合員としての加入をご希望の方は、新しい出資金の適用を受けるために、いったん「賛助会員」(※2)として加入の後、上記の定款変更の認可を得て登記完了した後に、正規組合員に変わられることをお勧めいたします。

※2 「賛助会員」とは、議決権のない会員ですが、組合の事業には参加できます。賦課金の金額は正規組合員と同じです。
 
かなりの減額ですので、これまで組合に関心はあった方は、この機会にぜひご加入いただければと思います。
下記のページをご覧の上、加入申し込みください。
 
 
どうぞよろしくお願いいたします!
 

Posted by: